HOME / グルメ /千葉のご当地カレーを食べつくす 第2章 房州産びわカレー

千葉のご当地カレーを食べつくす 第2章 房州産びわカレー

カレー好きなみなさーん!こーんにちはーー!


「3度の飯より、1食のカレー!」
絶品ちば本舗調査隊のトッピーです!
カレー好きな皆様!大変お待たせいたしました。
そろそろカレー食べたくなりましたね?そうです。千葉のご当地カレーを食べつくす第2章です。

前回から勝手に始めてみました『千葉のご当地カレーを食べつくす トッピーの勝手にランキング』ですが、暫定一位は本格的なスパイスの効いた【竹の子カレー】となっています。



それでは、第2回目の千葉のご当地カレーは・・・

じゃじゃん♪♪

房州びわカレー


房州びわカレー

千葉県は枇杷の名産地で房総の方に行くと枇杷を使ったお土産がたくさんあります。
枇杷に力を入れている地区はやっぱり房総の内房にある富浦ですね。
枇杷ソフトを食べて、まるごとびわゼリーをお土産に買って帰るのがセオリーですね。

富浦の房州枇杷は天皇に献上されていて、全国的にも有名で、特産品としての栽培も250年をさかのぼるほど!初夏の6月くらいが収穫の最盛期のようです。

では、早速!・・・の前に


PCバッグ

先日、PCバッグ壊れてしまって買ったんです。

今回、ロボックが房州びわカレーをかってくれたので、大事に家に持って帰りました。

PCバッグに入れられる房州びわカレー

痛むこと無く無事に持って帰れました。PCバッグはレトルトカレーを運ぶときにも便利ですね。



では、調理を始めます。


ロボックを疑う訳ではありませんが、念の為、賞味期限チェック!

レトルトカレーの賞味期限チェック

よし!OK!


そして、そう!やっぱり湯煎ですよね。


レトルトカレーを湯銭で温める

うゎ!!アッチー!!

レトルトパックが熱湯に「IN」する瞬間を撮りたかったのですが・・・

そしてタイマーを5分にセット!

TANITAのタイマー
まだ1分もたってない

TANITAのタイマー
なかなか時間が進まない。

TANITAのタイマー
1分きった

TANITAのタイマー
できたーーー。



伝えておきたいことがあるんだ・・・

■コールスローに入れられてしまう、缶詰のミカン
■酢豚に入っているパイナップル

あたし嫌なの!嫌なんです!

フルーツとおかずを混ぜたり、サラダ(野菜)と果物を混ぜるのは!!
小さい頃から・・・。
第一弾を始めたときにうすうす感づいていたんです。
千葉には枇杷カレーがあることを・・・。
まさかこんなに早くに登場(ロボックが買ってきちゃう)なんて。。。



それでは、実食


皿に盛られたカレー

震えるぜぃ、果物入りのカレーか・・・、震えるぜぃ。
あれ?枇杷の気配がない!!
ルーの色は、私がこよなく愛すココイチ様のチキン煮込みカレーとあまり変わらない色合い。
枇杷も丸ごと入っているのではなく、ピューレが入っているようで、



うっうまい!



やはりカレーはうまい。

普通に出されたら、枇杷入りということに気付くだろうか??



では評価


♪どぅくどぅくどぅくどぅくどぅくどぅく、じゃん!♪



70点




『枇杷をカレーに入れちゃダメだって!』というコメントをしたかった私の構想を裏切る形なりました。
食べやすいし、美味しい!!枇杷ピューレのおかげなのか?普通においしいレトルトカレーです。

房州びわカレーと言われないと気付かないくらいご当地カレーとしてのパンチ力はないものの非常においしいカレーでした。


「ひとりでも多くの人に届けたい、千葉の魅力。」
絶品ちば本舗

千葉のこだわりの絶品をネットでお届け