HOME / グルメ /木更津にある”横綱級の辛さ”で人気のスパイシーカレー「山麓本店」に行ってきた!

木更津にある”横綱級の辛さ”で人気のスパイシーカレー「山麓本店」に行ってきた!

木更津の住宅街の中にある一軒家レストラン「山麓本店」


木更津山麓本店カレー看板
ランチタイムは、カレー専門店。
ディナータイムは、ダイニングバーをされているようです。

店内は広々としていてテーブル席とカウンター席がありました。
せっかくなので、カウンター席に座ってみると、厨房が少しだけ見えて、大きな寸胴が見えます。


木更津山麓本店カレーを作っているところ
ちょっと強面のマスターっぽい方がカレーの入った鍋をかき混ぜています。

ランチタイムは「山麓カレー」とセットのコーヒーがおすすめのようです。
待っている間にカレーうどんが運ばれていきましたが、こちらもとっても美味しそうでした。


選べる辛さは6段階


木更津山麓本店メニュー
相撲の番付になぞらえて、上から順に「横綱」・「大関」・「関脇」・「小結」・「前頭」・「十両」となっています。
ぶっちゃけ辛いものがめちゃくちゃ苦手の私。

私 『真ん中あたりの「小結」にしようかな?』とボソッとつぶやくと

店員さん 『うちのカレー、本当に辛いんで自信がないなら「前頭」か「十両」にされた方が良いですよ』

どうやら辛さのレベルの五段階のうち最低の「十両」は、家庭の中辛レベルとのこと(←僕と息子レベル)。
「関脇」以上が本当の辛さだそうです。

さすがに辛さが売りのお店に来たので、私は「前頭」、同僚は「小結」をオーダー。

木更津山麓本店シェルが盛り付けるとこ
白衣を着たシェフが丁寧に盛り付けをしてくれています。


これはまさにカレーの頂!(山麓だけど)



木更津山麓本店前頭のカレー
これが私の頼んだ「前頭」
見た目には辛さを感じない美しい色のスープカレーです。


木更津山麓本店「小結」のカレー
これが同僚の頼んだ「小結」
私の頼んだ「前頭」より若干赤みがあるようです。


木更津山麓本店「前頭」と「小結」カレー
左が「前頭」、右が「小結」です。
イケメンシェフによると、この番付のカレーがちょうど色味の違いが分かりすいそうです。
でもメニュー表によれば、「本格的な辛さ」の一歩手前の番付なんですよね。


木更津山麓本店カレーの角煮
長時間煮込んで具材が溶け込んだサラサラのスープカレーに、具はとろとろの角煮がひとつ上品に入っています。
私はかなり守りに入った「前頭」を注文したおかげで、程よく辛くて絶品カレーを堪能することができました。
同僚は辛いものには免疫がある方ですが、結構ギリの辛さだと言っていました。
この上の「関脇」、「大関」、「横綱」なんてどんな世界なんでしょうか。想像しただけで恐ろしいです。


ランチはケーキセットもやってるよ


木更津山麓本店のスイーツ作るところ
ランチタイムは、スイーツセットがあってカウンター席に座るともれなくイケメンシェフが盛り付けている様子を盗み見ることができます。(撮影は許可をいただいております)
「チーズケーキ」、「クレームブリュレ」、あと何かがあります。(食べるのに夢中ですっかり忘れてしまいました)


木更津山麓本店スイーツセット

木更津山麓本店 チーズケーキ

当然ながら、辛いものの後の甘いものは味が引き立って美味しい!
濃厚なチーズケーキは、甘すぎることなく食後のコーヒーにぴったりのスイーツでした。

木更津に来るとなぜかインドカレーばかり食べていたのですが、久々にリピートしたいカレー屋さんに出会えました。
山麓さんのカレーはスパイシーなキレのある辛さのなかに上品な深みを感じます。
きっとあのスープの中にたくさんの素材が溶け込んでいるんだと思います。
ごはんの量を1.5倍にしたのですが、辛さのためかペース配分を間違えてしまったので、次回はカレーも増量したいと思います。
そしてもうひとつ上の番付に挑戦したい!

木更津でカレーが食べたくなったらぜひ、山麓本店さんへ!






———————————————
山麓(サンロク)
———————————————
〒292-0056
千葉県木更津市木更津3-6-7
TEL:0438-22-3383
Webサイト:http://www.c36.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/sanroku.kisarazu 定休日 : 月曜日 月に一回連休有り

▼営業時間
【ランチタイム】 11:30~14:00 ラストオーダー
(ランチタイムに限りお子様の入店可)
【バータイム】 16:30~22:00
ラストオーダー 21:00