HOME / グルメ /【木・金のみ!昼間3時間のみ営業!!】千葉の老舗醤油屋が作る富士虎醤油らぁ麺を味わおう♪

【木・金のみ!昼間3時間のみ営業!!】千葉の老舗醤油屋が作る富士虎醤油らぁ麺を味わおう♪

富士虎らぁ麺ブログ_トップ画像
千葉県は醤油生産量日本一。
野田のキッコーマン、銚子のヤマサ醤油、ヒゲタ醤油が有名メーカーです。
醤油王国千葉には大手メーカーに負けずに醤油を製造販売している老舗醤油メーカーが多数あります。
そんな老舗醤油屋さんがつくる醤油ラーメンって気になりますよね?
という訳で山武市にある老舗醤油屋『大高醤油』さんが提供する富士虎らぁ麺を食べてみました。

スポンサーリンク

●営業日が木・金のみ!営業時間も11:00~14:00と3時間のみ!
●富士虎らぁ麺は【黒】と【白】がある
●追い醤油で味変?醤油を愉しむらぁ麺
●富士虎屋で醤油や調味料も買える


スポンサーリンク


要注意!営業日と営業時間|富士虎屋の店舗情報

富士虎屋外観写真

大高醤油さんの事業の1つとしてやっているラーメン屋さん「富士虎屋」。
営業日が木・金、営業時間が11:00~14:00となかなかハードルの高いラーメン屋さんとなっています。
国道126号から一本入った旧道に突如ラーメンというのぼりが見える。そこが富士虎屋さん。

富士虎屋の前の道
富士虎屋駐車場入り口
駐車場は大高醤油さんの社員駐車場と同じところに停められます。


富士虎屋(らぁ麺 富士虎)
富士虎屋入口写真
住所:千葉県山武市富田ト482
営業日:木曜日・金曜日 営業時間:11:00~14:00
駐車場:有
大高醤油HP:https://ohtakasho-yu.co.jp/
YouTube:大高醤油チャンネル @ohtakashoyu

大高醤油チャンネルで富士虎を紹介していますが、
ラーメン屋の名前としては『らぁ麺 富士虎』で醤油などの販売をしている部分も入れて『富士虎屋』なんだとか…
ホームページには『らぁ麺 富士虎屋』となっているのでまぁどっちでもいいのかな。

富士虎屋メニュー|富士虎らぁ麺は【黒】と【白】がある!違いは?

富士虎らぁ麺_黒と白見比べ画像
メインメニューのラーメンは2種類!
富士虎らぁ麺【黒】と富士虎らぁ麺【白】があります。
サブメニューとしてしょうゆらぁ飯も人気のようなので頼んでみました。
それと豚丼を食べにくる常連さんもいるそうです。


富士虎屋_メニュー表
富士虎屋メニュー写真付き


富士虎らぁ麺【黒】
富士虎らぁ麺【黒】の画像
こちらの【黒】は醤油を強く感じる醤油ラーメンでした。
玉ねぎも入っているので千葉のご当地ラーメン竹岡式ラーメンに近い味わいでした。
【黒】と【白】の具材は同じみたいなのですが、麺が黒は細麺のちぢれ麺。


富士虎らぁ麺【白】
富士虎らぁ麺【白】の画像
こちらの【白】は出汁の効いたやさしい味わいの醤油ラーメン。
ジャンルとしては支那そばに近いような感じです。
白の麺は細麺のストレート麺。


醤油屋さんならではのサービス『追い醤油』ができるように各テーブルに醤油があります。
個人的には富士虎らぁ麺【白】に追い醤油を1周軽く入れたスープが好みでした。
麺は黒のちぢれ麺の方が好きだなぁって感じでした。

しょうゆらぁ飯はタレが美味しくペロリと平らげてしまいました。
確かに御飯物も美味しいから豚丼、『天使の豚丼』を食べにくる常連さんがいるというのも納得です。
富士虎屋_しょうゆらぁ飯

富士虎屋で大高醤油の醤油や調味料が買える!

店内にはカウンターを含め12席ほどの席数がありました。
満席の場合は外に順番待ちの用紙に名前を書いて待つ感じです。

富士虎屋カウンターテーブル
富士虎屋テーブル席
富士虎屋_店内風景

お水はセルフサービスで、その棚には大高醤油の醤油やタレ、調味料などが置いてあり購入することができます。
賞味期限の近い「たれキング」が半額で売られていたので買ってみました。
いろいろな料理に使えるとチラシをもらったので、たれキングで生姜焼きを家で作りました。
富士虎屋_大高醤油の醤油や調味料販売
大高醤油_たれキング
スポンサーリンク


スポンサーリンク

絶品ちば本舗の人気記事



スポンサーリンク