HOME / 落花生 /会社の花壇で落花生は育つのか? ぼんズの落花生収穫日記Vol.7

会社の花壇で落花生は育つのか? ぼんズの落花生収穫日記Vol.7

こんにちは!
千葉県の魅力を全国にお届けする絶品ちば本舗 絶品調査隊のぼんズです。

[先日の交通事故による右足の骨折]で戦線離脱していたぼんズですが、 この度、晴れて(腫れて)復帰(出社)致しましたぁーっ!

そしてかれこれ2週間以上お休みを頂いていたのですが、久々に出社すると花壇の落花生が大変なことになっていたのです。

あ!いきなりこのブログから読み始めてもらった方にはごめんなさい。 [#花壇で落花生栽培] のタグから過去の記事が読めます。よろしければそちらもご覧ください。

もはや雑草と区別がつかない密草地帯


落花生の葉と雑草


落花生の葉と雑草


ガ━━(゚д゚;)━━ン!!


落花生の黄色い花が落ちて、子房柄(しぼうへい)が伸びていく様を皆さんにお伝えしようと思ったのに、もう既にジャングル状態。
この猛暑の中、勢い良く成長してくれているのは嬉しいのですが、コレでは土にもぐっていく子房柄(しぼうへい)が撮影しづらい… (;´Д`)



「まずったなぁ」とひとり途方に暮れていると、昨年グリーンカーテンの記録をしてくれていた同僚(ジャン・レノ似)が撮影してくれていたとのこと!




そんな訳で、ジャンが撮影してくれた子房柄(しぼうへい)をご覧ください。

子房柄フォトシューティング!


落花生の黄色い花

そうそう、これが落花生の花。とってもかわいらしいですね(^ ^)
落花生の花は、次から次へと2ヶ月間もの間咲き続けるようです。
自家受粉をして、およそ1週間後に子房の元となる子房柄(しぼうへい)を地面に向かって延ばします。

土へと伸びる子房柄
お分かりになるでしょうか?
茎から地面に向かって無数(言い過ぎ)の子房柄(しぼうへい)が確認できますね。

土へと伸びる子房柄

ふふふ、どうやらこれはかなり期待できますね!
こんな感じで、土にもぐった子房柄の先に実ができるそうです。
1本の子房柄にはひとつの実がなるそう。
落花生が実をつけるためには、その同じ数のお花が咲かないといけないんですね。すごい貴重!
ちなみにぼんズが植えた落花生の種類は、「千葉半立」という品種。
落花生の中では最高品種とも呼ばれ、旨みが濃く、香ばしい風味が特徴です。
今から調理法を調べておかないと!


まだお中元で悩んでいるあなたへ間違いないギフトです(現在は販売しておりません)



さてさて、絶品ちば本舗でもこの国産落花生最高品種「殻付き落花生千葉半立9袋セット」を取扱っております。

もちろんこちらはぼんズのようなド素人が作ったものではなく、千葉県八街産の契約農家の方が、手間ひまかけて育てた落花生を使った安心・安全の落花生です。

今や一部の輸入食材が世間を賑わしていますが、日本に出回っている落花生の大半は国産ではありません。

本当に美味しい落花生を食べて頂きたい。私達が自信をもっておすすめする与三郎の豆さんの落花生をぜひご賞味ください。

あ!お中元送り忘れてたー!とか、届いたけど完全にノーマークだった!(汗)という方にぜひ!
敢えてのタイミングが演出だったかのように喜ばれるはずです?

与三郎の豆 千葉半立ち殻付き落花生9袋セット




千葉のこだわりの絶品をネットでお届け