HOME / 多古米 /【多古米 まずい】と検索したあなたへ!誤解を解きたい美味しい多古米の新米

【多古米 まずい】と検索したあなたへ!誤解を解きたい美味しい多古米の新米

千葉県多古町で穫れる多古米を販売している絶品ちば本舗です。
検索ワードでの流入を調べていると驚きのワードがあったんです。
それが・・・

「多古米 まずい」

なんと!!【多古米 まずい】の検索からの流入が3カ月で41もある!!
これは誤解を解かねば!





スポンサーリンク



『多古米 まずい』と検索される理由はなんだろう?



①美味しくない多古米を食べたことがある
②多古米は美味しくないという噂を聞いた
③古米と勘違いしている

他にもあるかもしれないけど、とりあえず思いついたのが3つです。

①に関しては味覚は人それぞれなので、好きなお米じゃなかったということもあるでしょう。
ラーメン好きの私は行列ができるラーメン屋さんに行っても自分には合わなかったときが多々あります。
②と③だとすると誤解を解きたいので少し説明させてください。



多古米は古米ではありません!

そもそも多古米とは、千葉県多古町で穫れるお米の事を言います。
昔、湖が多くて 【多湖→多古】 に変わったと言われています。

品種としてはコシヒカリがほとんどですが、最近では違う品種のものもあるみたいです。
13年かけて開発された千葉県の新しい品種『粒すけ』も多古町で育てられている品種の1つです。


「古いお米が多い→多古米」と冗談のように言われることがありますが、
多古米は多古町で穫れたお米ですので、古米ではありません!

『古米』というのは前年度に収穫されたお米のことです。
前々年度のお米は『古古米』と言われるみたいです。
古いお米は水分がなくなり、硬く粘り気が少なくなったりするそうです。

誤解は解けましたでしょうか?
多古米も古米があるとは思いますが、市場に出回っているものは新米です。
食味日本一にもなったことのある多古米!
まずは食べてみてはいかがでしょうか?


 

多古米王子こと萩原農場の萩原さんのお米が美味しい理由はこちらのブログを!
幻の米と言われる理由とおいしいお米『多古米』の美味しさの秘密に迫る!





スポンサーリンク