HOME / 観光スポット /千葉で気軽にジビエ肉が食べられる山の駅『喜楽里』

千葉で気軽にジビエ肉が食べられる山の駅『喜楽里』

スポンサーリンク



皆さんはジビエを食べたことはありますか?
ジビエとは狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味するそうで、フランス語なんだそうです。
日本でジビエ料理と言えば、イノシシの肉をつかったしし鍋(ぼたん鍋)や
野鴨の鍋のカモ鍋などが有名ですよね。

私のジビエ経験は、
すごい昔に静岡の伊豆に旅行に行ったときに寄った「天城いのしし村」(※2008年11月閉園しまっています。)
でしし鍋を食べたことと、
群馬に行ったときに鹿肉の串焼きを食べたくらいで、
あまり身近なものではないイメージです。

ジビエ料理もお店は目にすることもありますが敷居が高いというかなかなか行く勇気が出ないのが本音です。

そんな中、ビッグワンのハンバーガーを目指して寄った山の駅『喜楽里(きらり』でジビエの串焼きがありました。


養老渓谷観光センター「山の駅 養老渓谷 喜楽里」

養老渓谷観光センター_山の駅喜楽里の入り口看板

養老渓谷観光センターが2020年に「山の駅 養老渓谷 喜楽里」リニューアルオープンして
現在大変に盛り上がりを見せている立ち寄りスポットです。
大変失礼ながらリニューアル前の観光センターでは考えられないくらいの集客ができているように思えます。
地元の方々の協力やお店の出店などで養老渓谷方面にドライブに行くなら是非立ち寄っていただきたい観光スポットです。

地元の野菜や地酒、お土産品などが売っていたり、てんぷらそばや山菜そばなどの軽食があったり、
アユの塩焼きが販売されていたり、ライダーに人気のビッグワンバーガーのキッチンカーが出店されていたりします。

また、16:00~翌日10:00で利用料金3,500円で車中泊ができるRVパークというものがありました。

駐車場奥には手掘りの川廻しで作られた「遠見の滝」に近づけるようになったそうです。
「遠見の滝」は人々の願いをかなえてくれると言われているみたいです。

山の駅喜楽里にある遠見の滝の看板
山の駅「喜楽里」から見える遠見の滝


スポンサーリンク



山の駅 喜楽里で手軽にジビエを堪能!

実はビッグワンバーガーを食べたくて辿り着いたこの喜楽里ですが、
残念ながら人気のバーガーはオーダーストップとのこと…

絶望的になりながらアユの塩焼きを食べようか迷っていたら隣に何か串に刺した肉を発見!!



キョン!?


千葉県で大量に繁殖してしまった鹿みたいな害獣「キョン」ですが、
今はジビエとして食されているようです。

鹿は食べたことがあったものの、キョンは初めて♪
他にもイノシシとカモが売っていて金銭的に2本にしようと思って悩んでいると、
同じように串を見つめる男性が!!

するとその男性は
「キョンとイノシシ」
を注文。
私もその後キョンとイノシシを頼もうとすると
キョンの串が無くなっている?
下から別のトレイを出すのかなと思いつつ

「キョンってまだありますか?」
と聞く前にキョンの値札をしまってしまいました。

さっきのがラストだった・・・
やむなくイノシシとカモをいただきました。

山の駅 喜楽里のイノシシ串とカモ串
写真の右がイノシシ肉の串で、左のネギがある方がカモ肉の串です。
イノシシ肉はハーブと味噌味が選べましたが、ハーブにしてみました。

ジビエの独特な臭みがあるかなぁと思い食べましたが、そんなことも感じず、
どちらも美味しくいただけました。

焼き鳥感覚でジビエが味わえる山の駅『喜楽里』なかなか面白い道の駅ですよ。


スポンサーリンク



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
養老渓谷観光センター「山の駅 養老渓谷 喜楽里」
HP:https://yourokeikoku-kirari.jp/
住所:千葉県夷隅郡大多喜町小田代148-24


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク



絶品ちば本舗の人気記事



スポンサーリンク