HOME / 散策スポット /【千葉 自然 散策】四方木不動滝|千葉県の気軽に行ける秘境の中の名瀑

【千葉 自然 散策】四方木不動滝|千葉県の気軽に行ける秘境の中の名瀑


千葉の自然散策が楽しめるスポットを紹介している絶品ちば本舗です。
今回は千葉の秘境の中にある滝を紹介します。

関東には滝の名所がたくさんありますよね。
栃木の日光日光三名瀑と言われている華厳の滝、竜頭の滝、霧降の滝。
群馬の吹割の滝、茨城の袋田の滝など聞いたことのある滝があると思います。

千葉で滝というと、観光スポットとして人気の養老渓谷の滝巡りがあります。
養老渓谷には6つの滝がありますが、水量のない時期に行くと中には「えっ?これかなぁ?」と確認のしにくい滝もあります。

最近ではインスタグラムで話題になり今では人気のドライブスポットになっている、
君津の濃溝の滝・亀岩の洞窟が千葉の滝では有名なのではないでしょうか?

千葉ではとっても行きにくい観光地とはなっていない、
秘境の中にある滝がいくつかありますが、
今回は比較的気軽に行ける秘境の滝を紹介します。


四方木不動滝 | 鴨川市四方木 人里離れた房総の山の中の滝



通常、鴨川の市街地に行こうと思ったら国道410号か勝浦まわりの県道297号を使うと思います。
四方木不動滝は観光客があまり使わないと思われる道、細い細い山の中を走る県道81号線を鴨川の方へ向かう途中に有ります。
更に細い対向車が来たらすれ違い不可能な道を進むと四方木不動滝の入口に辿り着けます。
(2~3台停められる駐車場があります。)
休日は四方木ふれあい館の駐車場に停めてそこから歩いていく方が良いとの情報もあります。





滝への通路の前に不動明王様があり、よもぎ不動滝自然観察園と書かれたかわいらしいゲートをくぐっていきます。
なかなかの急斜面の階段を下りていくとそこに滝が見えてきます。


四方木不動滝は知る人ぞしる紅葉の名所といった感じで見ごろは11月中旬から12月上旬だそうです。
今回は梅雨に入る前の新緑の奇麗な6月上旬に行ってきました。
四方木不動滝は小櫃川上流になるので、水質も透明でとてもきれい。
深い滝壺の奥まで見える透き通った水でした。

カジカガエルやサワガニがいるそうですが今回は見つけられませんでした。
泳ぎ回っている小魚はハヤという魚みたいです。
滝の音で鳥の鳴き声が消されておりますが、夏鳥で人気のオオルリやサンコウチョウの鳴き声も聞こえてきましたよ。


正直ここまで奇麗な場所とは想像しておらず、とても感動しました。
滝の下にも近づけるので滝の迫力も間近で見れます。




自然の中をとっても満喫できるよもぎ不動滝自然観察園、
ちょっと歩くかもしれませんが、子供と一緒にハイキングもできる絶景スポットです。
皆さんも行ってみてはいかがでしょうか?












スポンサーリンク